のぼりの歴史と、現代ののぼり

ダブルのぼりとは、設置も簡単な他、のぼり旗二枚分の面積が使えるためインパクトを付けたい時や看板、旗などの役割でも使えるため、より多方面への応用がきくと注目されており、取り扱う業者も増えてきています。

のぼりの作り方とポイント

のぼりの歴史と、現代ののぼり

販売所や出店などでよくみかける「のぼり」ですが、古くから軍陣や祭事などに使われていて、布製の筒によって竿に固定する部分を乳と呼びます。

その乳を伝わって上へと押し上げるその様から、昇りを表すとも言われており、現在の形状は昔のように兵士が常に持ち歩いていたような形状ではなく、土台に固定しているということが特徴で、また神社などやお店などで広告用として使われることが一般的になっています。

のぼり作りにはポイントがあり、まずメッセージを伝わりやすくするように、文字を出来るだけ7〜8文字以内におさめるようにすること、そして、文字の背景になるイラストを、売りたいものや強調したいものにすれば、よりインパクトは高まります。

そこにさらに店名を盛り込めば、店の名を知らせるいい宣伝にもなります。

また、現在は、乳をなくしてよりスッキリ感や高級感を出したダブルのぼりというものも登場しました。

これは通常ののぼり旗を固定する器具が用いることができるため設置も簡単な他、のぼり旗二枚分の面積が使えるためインパクトを付けたい時や、看板や旗などの役割でも使えるため、より多方面への応用がきくと注目されております。

その需要が高まるにつれ、取り扱う業者も増えてきています。


Copyright (C) www.waddellsdrums.com. All Rights Reserved.

のぼりの作り方とポイント