のぼりを手作りする魅力

のぼり旗を企業に頼んで作ってもらうのもいいですが、竿さえ用意できたのなら、旗の部分は自分で作成することも難しくはないと思います。

のぼりの作り方とポイント

のぼりを手作りする魅力

合戦のときなど、味方と敵を区別する意味や、祭事などから始まったのぼり旗ですが、現在はお店などの広告などに使われることが一般的です。

持ち歩いていた昔の形状とは違い、現代は土台に固定して使うことが主流となったため、強風などには注意する必要がありますが、比較的安価で広告したいものを分かりやすくお客さんに伝えることが出来るため、よく愛用されています。

のぼり旗を企業に頼んで作ってもらうのもいいですが、竿さえ用意できたのなら、旗の部分は自分で作成することも難しくはないと思います。

むしろ、その日だけといった限定の物だった場合自分で作って用意してしまった方が安く上がりますし、マジックなどで手作り感満載にしたり、規定にはない飾りや工夫をした方がお店にも出し物にも合ってお客さんの興味を引き付けることが出来る可能性もあります。

また、四苦八苦して自分たちでのぼり旗を作り上げた経験は、お店のスタッフさんの団結にも繋がりますし、広告の意味ののぼり旗が決意の旗になることもあるかもしれません。

そうして力を合わせて作ったのぼり旗は、お客さんから見ても親しみやすく、入りやすいお店づくりに一役買うといった効果もあるのではないでしょうか。


Copyright (C) www.waddellsdrums.com. All Rights Reserved.

のぼりの作り方とポイント